FC2ブログ

プロフィール

Asahi=Ryou

Author:Asahi=Ryou
ヒーラーAsahi
こと
総合セラピスト
栗原 涼


体験から得た智慧が、みなさまのお役に立てば幸いです。


広告


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


最新コメント


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
~「人はどれだけ知ることができるのか?」
を知りたい~


仏陀、20代後半
出家したのは5月6日か16日
インドの南の方へ行った
疑問に思った感情を吐き出している
よぼよぼのじいさん
仙人みたいな感じの人
瞑想して座り続けている人
そのおじいさんは宇宙を感じている

仏陀、悟りを開く時

菩提樹の下
仏陀は座ったり立ったりしている
うろうろ歩いたり
その間もずっと仏陀は目を閉じてる

仏陀はその瞬間、どんな瞑想?

光が見えたり、座っていれば地球から混みあげてくるエネルギーや
空気からエネルギーを感じる
宇宙から降り注ぐエネルギーを感じる

仏陀自身だけではなく
世の中の悩み苦しみがなくなるようなもの凄い腑に落ちる瞬間があった

つづく

スピリチュアル ヒーラー あさひ Asahi  公式ホームページはこちら 神(高次元エネルギー体)と友人になる 神降ろし



スポンサーサイト

仏陀の真実3

~人間として、なぜこんな環境に生きているのか探りたくなった~


その環境が余りに不自然で

仏陀は宮殿の外に出た

そこで真剣に「人間はなんで生きているのか?」

と考えはじめる

「人が空き地のようなところで死んでいる

3つの遺体が折り重なって燃やされている」


仏陀はそれを見て

「何で人は生きるのだろう?」

干からびたような死体それを突っつきながら焼いている人たちがいる

その周りを犬が走っている

地べたに座って火の番をしている人がいる

初めて、そういう場面を見てショックを受けた仏陀

一切そういう事実に振れず生きてきた自分は何だったんだろう?

と考えはじめる仏陀


仏陀の出家した晩は?

「自分と言う存在がなんなのかを知りたい

人って何なのか?

人はどれだけ知ることができるのか?」

を知りたい

そう仏陀は強く思ったのです


つづく

healer

スピリチュアル ヒーラー あさひ Asahi  公式ホームページはこちら 神(高次元エネルギー体)と友人になる 神降ろし



仏陀の真実2

仏陀の真実2

~老いはなく、若い女を次々に抱けるという宮殿内の世界に対して仏陀が疑問を抱きはじめます~

続きです

仏陀の外見

出家前

王子さま時代は、ちょと仏陀はひねくれていたようです

物事を難しく深く考えたくなる人

基本はおぼっちゃまだから顔に出ている

こざっぱりで綺麗に、上品な甘いマスク

幼さが残ったまま大きくなってる

眉間にシワを寄せる癖があった


★出家の本当の動機★

~お母さんへの想い~

宮殿内に女の人が沢山いてごっちゃになっている

混乱している

なぜ自分の周りは

若く美しい女ばかりなのだろう?

お母さんは優しいが老けていく

自分も成長している

なぜ、父親はこのような世界しか仏陀に見せないのか?

自分に与えられているものが

今が旬の女性

男兄弟も沢山いた

おいしいとこ取りばっかりをしている一族

年を取った女性は一切いらなくなる

その辺を含めて人ってなんなんだろう?

自分が見ている世界が綺麗過ぎて環境に不満はないが、悩みは深まる


お兄さんがいる、仏陀は兄弟とも上手くやっている

綺麗過ぎる人たちに対して悩む人間として、なぜこんな環境に生きているのか探りたくなった

~つづく~

healer

スピリチュアル ヒーラー あさひ Asahi  公式ホームページはこちら 神(高次元エネルギー体)と友人になる 神降ろし



仏陀の真実

仏陀の真実から

仏陀が生まれたのは、王家です

そこでは老いた使用人はすぐにクビになります

仏陀(その頃はシッダールタ王子)はそれが当たり前だと思いました

つまり身内の人は老いて行くが、使用人たちは老けた人はいないのです


これは、仏陀の父の死や老いに対する恐怖の想いを実行していたためです

仏陀は殆んど宮殿内だけですごしていました


これが当時の仏陀の「世界」だったのですね

老いはなく、若い女を次々に抱けるという宮殿内の世界に対して

仏陀が疑問を抱きはじめます


つづく

スピリチュアル ヒーラー あさひ Asahi  公式ホームページはこちら 神(高次元エネルギー体)と友人になる 神降ろし




仏陀、悟った後

~そんな思いがどかんと入ってきた~

「そんな頑張って悩む必要はない」
悟りを得た仏陀は苦しんでいる人に手を差し伸べたい気持が沸いてきて
インドのあちこち歩き回るようになった仏陀

悟りの瞬間、仏陀の意識に高次元の意識体が入っていた
未来予知的な事も出来ていた

仏陀が喋ると言うよりも、宇宙存在が喋る

なぜ我々に仏陀が知恵を与えたいと思ったのか?

仏陀の前にも同じような存在がいた
仏陀その後にキリスト

現在は宗教・派閥関係なく考えることができる人が
一昔前では考えられないくらいの人がいる

仏陀は人前に出る時、
キリストより的確にズバッと切っていた
「息子がいう事を聞かない
 息子が気に入らない嫁を連れてきた」
というお母さんが来た
「自分の息子を、自分の意に沿った行動を取らせるには?」
という事で悩んでいたとのことです

仏陀曰く
「その息子が選んだ嫁が何で悪いの?」
母「私がそう思うから」

仏陀「あなたの言うことが完全な答えなの?」
母「私はずっとそうやって生きてきたんで」
仏陀「じゃあ、あなたはあなた自身や息子が死ぬ日まで、分かっているの??」
母「そんなことはわからないに決まってるでしょ!」
仏陀「先のことは分からないのに、決め付けて生きる事はあなたにとっても苦しいんじゃないの?
あなたが完全で、もし分るのであればあなたの死ぬ日も決められるの?
第一息子さんはあなた自身じゃなくて、あなたから産まれたと言うだけで他人ですよ。あなたの所有物でもありません。あなたは誰かの所有物でいたいと思いますか?」
母「。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。思いません(といって、仏陀に言われたので自分をみつめ、悩みから開放される母)」

仏陀は生前に500年後にイエスとして別の存在として生まれる事を知っていた
仏陀に入り込まれた存在に教えられていた

つづく
healerスピリチュアル ヒーラー あさひ Asahi 公式ホームページはこちら 神(高次元エネルギー体)ハイヤーセルフと友人になる 神降ろし


 | ホーム |  前のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。