上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不安はどこからくるのか、について書いてみたいと思います。

不安にも2つの不安があると思います。


1.戦争や大災害等

逃れようのない状況での不安。

2.過去の事や未来の事が気になって、

考えすぎて生じる不安。

fuan.jpeg


1の場合は絶望的状況下(外部要因)なので、状況が改善するまで、

不安は消えないと思います。

しかし、

この文章を読まれていらっしゃる方々が、

不安を持つ場合は、ほぼ2が当てはまると思います。

2の過去の事や未来の事が気になって、

考えすぎて生じる不安は心の中(内部要因)で生じています。

一見外部要因のようにも思える、

「あの人からこんなことを言われて傷ついた」

という事も、実は捉え方の癖による、

内部要因の事の方が多いかもしれません。

今は亡き藤川和尚はこう仰っています。

「過去に起きた事は、すでに流れ去った事や。

 未来はまだ来てもいない事。

 それらに執着するから心が重くなるんや」



心が重くなるとは、苦しむ事です。

また、

「過去に縛られ執着しとると鬱になるんや」

ともよく仰っていました。

人生は川のような物です。

橋の上に立って川を眺めようが、

船に乗って川を下ろうが、川の水は常に流れ移動しています。

仏陀はこの状態を一言、

「諸行無常」(変わらない物はない)

と説いています。

過去や未来、人間関係の執着、お金に対する執着等

様々な執着=不安の原因

は誰が生み出しているのでしょう。

ここまでお読みになればお分かりの通り、

ご自身で生み出しているのです。

*無駄な思考に縛られ「今」を生きていない*

ということです。


藤川和尚は、日本の自殺率、鬱病の増加を嘆き、

そして、我々が悩みから少しでも離れ、

楽に生きられるように、

「今を生きる瞑想法」ヴィパッサナー瞑想と仏陀の哲学の普及に

一生を捧げました。

和尚が出来なかった事を私のできるやり方で引き継いでいこうと、

思いました。

不安の原因である「執着」を自覚して頂くには、

カウンセリングに瞑想指導を取り入れた方がよいと思いました。

和尚が説いたヴィパッサナー瞑想のやり方はこちらに記載されています。

http://healing-sweet.net/vipasana/index.html

総合セラピーでは、カウンセリング時お望みの方には瞑想指導も行っています。



最後までお読みいただき誠にありがとうございます。

メルマガ登録はこちらから
心が楽になる記事が届きます。



メールアドレス




ヒーリング・スウィート管理人
カウンセリング 催眠療法 埼玉 
総合セラピスト
栗原 涼
http://healing-sweet.net/ryou/index.html


ヴィパッサナー瞑想と滝行動画、癒しの音楽
ヒーリング・スウィート
http://healing-sweet.net/

スポンサーサイト

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。