FC2ブログ

プロフィール

Asahi=Ryou

Author:Asahi=Ryou
認定心理カウンセラー:
栗原 涼

ヒーラー:Asahi

体験から得た智慧が、みなさまのお役に立てば幸いです。


広告


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


最新コメント


我慢しない・スリップしない 新しい断酒方法.1 

    現在、アルコール依存専門の病院で行われている、

  ほとんどの断酒法は、
  抗酒剤や、本人の変わっていない心の状態で、
  我慢をさせるという療法がメインとなています。

  そして、いったんは止めても、
  体が健康になると、心や脳がアルコールに依存している状態のなので。
  再飲酒して入院を繰り返します。

私が入院していた先でも、「もう*回目だよ」というお話を良く聞きました。
私も何度か再入院しました。

本人の心や意識が変わっていないのだから当たり前です。

私もそうでしたので、よく分かります。

「なぜアルコール依存症になったのか」

 「どんなストレスがあるのか」

   という根本的で大事な心のケアがされておりません。

私は約10年以上、アルコール依存症を患い、病院を転々としました。

心のケアがされていれば、半年もたたずにアルコール依存症から、

回復する事が出来たかもしれません。

心のケアと言うのは、心の傾向や無意識状態での思考も含めた包括的なケアということです。

アルコール依存症の原因は、成育環境と生まれ持った気質からのストレスや、

   心因性の外的障害=トラウマです。

 アルコール依存は完治する病ではありません。 

一旦、アルコール依存症となった脳のプログラムは深い所で永遠に残ります。

しかし、

アルコールを必要としない生き方ができます。

カウンセリング&ヒーリングを通して

なぜアルコールを飲むことが必要なのか。

なぜ、アルコールに溺れてしまうのか。

原因を発見し、心だけではなく腹の底から納得できる、

「お酒がご自身に及ぼしている悪影響」

「迷惑をかけている家族や友人の気持ち」

等を腑に落ちる体験をすることで、

アルコールが必要ではない、という新しい意識が生まれます。


どのような成育環境と生まれ持った気質からのストレスがあるのか。

どのような、心因性の外的障害=トラウマがあるのか。

そして、カウンセリングで分かった事を元に、

次の段階である、催眠療法へと進みます。


これが我慢しない・スリップしない 新しい断酒方法です。

スポンサーサイト
心理カウンセリング.COMの教えて掲示板に書きこまれた質問に
対する私の回答です。

仕事のストレスコントロールと対人関係
---------------------------------------------------
   医療関係の仕事で雇われ院長をしており、去年10月末で退職しました。
    どこの職場でもある事かも知れませんが、
    離職率が高くスタッフが安定せず、患者様とのトラブルが多発する事
    取引先と会社上層部、患者様との間での利害関係の調整が上手くいかない事
    診療しながらの上層部都合の事務処理、病院運営を行う事
    などにより、過度にストレスを受けてしまい、生活リズムを崩して、上手く眠れない状態となりました。
    結果として、膝、背中、腹筋、首に激しい痛みが出てしまい、状況は悪化しました。

    自分にとってのストレスやトラブルを減らそうとして、人にキツくあたってしまい、上層部と揉めてしまい、社内で上手くいかなくなり、退職となりました。

    休職して体は良くなりましたが、また、働き始めて、忙しさの中で、ストレスを抱え、体も対人関係も悪くなるのでは?という自分自身が怖い感情が強い状況です。

    今、人生を思い返すと、
    何らかのストレスを抱えると、自分の事だけを考え過ぎる傾向があり、上手くいかなくなるように思えます。

    また、内向的で、コミュニケーションが苦手な上に、ストレスを人に見えるように出してしまう事が事態を悪化させる原因になっているように感じます。

    このままでは、社会で生きていけないのではないかと不安に思います。

    何処で、仕事を再開するとして、
    忙しさの中でも
    ストレスコントロール
    感情コントロール
    対人関係の心構え
    などを常に忘れずに意識する必要があると思ってます。
    そのためには、カウンセリングを受けながら仕事する必要があるのでしょうか?
---------------------------------------------------
お悩み拝読いたしました。

>このままでは、社会で生きていけないのではないかと不安に思います。

そんなことは、ありません。

まだお若いのですし、セルフケアやご自身の心の傾向が認知でき、

行動に反映されれば大丈夫です。

>ストレスコントロール感情コントロール対人関係の心構えなどを常に忘れずに意識する必要があると思ってます。

物事に対する見方(心の在り方)を変え、行動が伴うことが必要だと思います。

>何らかのストレスを抱えると、自分の事だけを考え過ぎる傾向があり、上手くいかなくなるように思えます。

どのような環境で過ごされてきたのか分かりませんがトラウマがある可能性もあります。

その場合は、催眠療法で無意識のレベルからのケアが必要だと思います。

>カウンセリングを受けながら仕事する必要があるのでしょうか?

カウンセラーは上記のような事柄を認知して頂き、クライアント様の心が楽になるお手伝いする仕事です。

カウンセリングを受ける事は非常に良い事だと思います。

心理カウンセリングや催眠療法について

不安などがおありでしたらお気軽にお問い合わせください
前回のブログでご紹介した

瞑想・セルフケアの為の無料音源

多数のダウンロードありがとうございます。

聴き方と注意点を書き忘れました。

ヘッドフォンもしくはステレオ・イヤフォンでお聴きください。

使われている技術はヘミシンクと同じバイノーラルビートですので、

PCのスピーカー等で聴くと効果がほぼありませんが、

一応、車の運転中や危険な作業中には、

聴かないで下さい。

この音源は聴いているだけで脳波をアルファ~シータ波へ誘導します。

瞑想方法やダウンロードURLは前回のブログに書いてあります。


収録時間は12分ですが、脳波が最適な瞑想状態に誘導されますので、

日々のセルフケアには十分使えます。

本格的にセルフケアや瞑想を学びたいという方はこちらへどうぞ。
瞑想・セルフケアの為の無料音源

2014/4/23~26日の間、無料でダウンロードいただけます。

↓文末にあります。(12分ヴァージョンです。)


瞑想・セルフケア音源のご利用方法はこちらです。

書き忘れました。

呼吸に集中するヴィッパサナー瞑想法

呼吸に集中するだけでは、雑念が湧いて集中できないという方は、

TM(超越)瞑想、つまりマントラを唱えながら行ってください。

マントラはTM(超越)瞑想協会から高額で頂くものですが、検索で簡単に見つけられます。

・16歳~17歳 「エマ。」
・18歳~19歳 「イエン。」
・20歳~21歳 「イエム。」
・22歳~23歳 「イエンガ。」
・24歳~25歳 「イエマ。」
・26歳~29歳 「シリム。」
・30歳~34歳 「シリン。」
・35歳~39歳 「クリム。」
・40歳~44歳 「クリン。」
・45歳~49歳 「フリム。」
・50歳~54歳 「ヒリン。」
・55歳~59歳 「シャム。」
・60歳以上 「シャマ。」

となっていますが、意味のない2~4文字を繰り返すことに意味があります。

文字を頭に浮かべたり、心で唱える事で雑念が浮かばなければ、

「パラリケ」だろうと「スヒピ」(私が今考えました。)だろうと、

なんでもいいのです。

「ありがとう」もいいですね。

慈悲の瞑想にもなります。


イメージが得意な方は、楽しかった時の気分や景色、匂い等を思い浮かべるのもいいでしょう。

宇宙をイメージするのも素敵だと思います。

以前、催眠療法(ヒプノセラピー)を受けたことがある方は、

リラックスとカウントダウンで、上手くいけば安心する場所に行くことが出来ます。

いつでも安心した状態にいる事、セルフケアについて学びたいという方は、この音源の完全版と簡素なカウンセリングの付いた講座をこちらで受けることができます。

こちらの音源は12分ヴァージョンです。
瞑想・催眠音源の完全版と覚醒音源とのセットCDはこちらからどうぞ。


瞑想・セルフケアの為の無料音源のダウンロードはこちらからどうぞ。

2014年04月26日 17:38を過ぎますとダウンロードできなくなります。
心理カウンセリング.COMの教えて掲示板に書きこまれた質問に
対する私の回答です。

泣いてしまうこと
---------------------------------------------------
昔からなのですがすぐ涙が出て
泣いてしまいます

怒られた時はもちろん
頭ごなしに否定されるとき
何かを断られたとき
寂しく感じたとき

些細なことでも涙は出てきます。
泣くだけで言葉を発するのが出来ません
自分の思いや感情を出すことが出来なくて
昔から我慢して溜め込むタイプです
8割人に合わせて過ごしてきました。
強く言われることで逆らえず反論することも
出来ませんでした

相手に嫌われてしまったり
自分から離れて行く、という不安があります
怖いんです。いなくなってしまうのが。

家庭は、幼少時から両親は共働きで
保育園の迎えも最後が多く、
小学、中学、と1人でいることが多かったです
家を出る時も1人、帰っても1人、ご飯も1人。
正直、寂しく甘えたりず
自分はいらないんじゃないか、と
自傷行為をした時期もありました。
今も軽く残っています。
刃物、噛み癖があります
感情をうまく出せずぶつける場所もなく
どうしていいかわかりません

人前では極力泣かないように我慢しますが
自分の部屋になるともうダメです
暴れたくなる程、泣きたくなります。
実際暴れはしませんが縮こまって
収まるまで泣いてしばらくしたら落ち着きます

感情のコントロールが苦手です。
治すことは出来るのでしょうか?

言葉に出すことが本当に出来ません。
その為か、嘘を重ねそれをカバーするために
また我慢して嘘をついて、
守れもしないことを言って人を傷付け
自己嫌悪になります

泣いてばかりで話も出来ず
声を出すこともできず、小さく返事をする
のがやっとで、更に相手を怒らせます

自分の存在価値を考えます。
怖いんです。

どうしたらいいのでしょうか
---------------------------------------------------
はじめまして。

お悩み拝読いたしました。

>寂しく甘えたりず

お辛い幼少期の体験ですね。

この体験と

>頭ごなしに否定されるとき
>何かを断られたとき
>寂しく感じたとき

に涙が出てしまうのは、

>8割人に合わせて過ごしてきました

という性格になんでなってしまったのか、

という事に大きく影響を与えていると思います。

>自分の存在価値を考えます。

自己評価が、育った環境や体験により、

低くみてしまう傾向があると思います。

ここでは、お話しできない、辛い事も沢山ある事と思います。

トラウマも抱えていると思います。

心理カウンセリングや催眠療法で、

症状は改善できます。



心理カウンセリングや催眠療法について不安があると思います。

こちらから、お気軽にお問い合わせください。

心理カウンセリング.COMの教えて掲示板に書きこまれた質問に
対する私の回答です。

性依存症と思います
---------------------------------------------------
    自分は38歳♂で、妻38歳、6年生になる♀と5年生になる♂がいます。

    結婚12年ですが結婚する前から、ナンパや合コン出会い系的なものでよく知り合っていました。
    当時から、英雄色を好むとばかりに自慢げに遊んでいました。(英雄の根拠ないですが・・・)
    しかし、結婚後もおさまらずナンパしまくりやりたい放題でした。飲み代やらホテル代にお金が掛るので消費者金融からお金を借り返済出来なくなり、債務整理をしたほどです。
    お金にだらしないと言われそれは感じていたのですが、その後はきちんとおこずかいでやりくりしております。ところが、とにかく女の子と出会いたい・・・・。
    女の子を手当たり次第にナンパし常に30人程が誘える状態・・・・。
    それを自分はかっこいいとさえ思っていました。
    でも、仕事には身が入らない・・・・。
    携帯でメールしてたり、ナンパしてたりで営業職でしたが解雇同然で仕事をやめました。
    現在は配送業で、ストレスも少なくなったのですがまだセックスがしたくてたまりません。
    そんな中、自分の車から使用済みの避妊具が嫁に見つかり大激怒!離婚の大危機です!
    当たり前といえば当たり前ですが、まるで仕事のように女の子と出会わずにはいられませんでした。今になると病的だと気付くの遅いんですが・・・・。でも、子供も大好き嫁さんも大好きです。でも自分ではどうにもならないんです。とりあえず、卑猥な雑誌類を処分し、SNSなどはすべて退会、女の子の連絡先をすべて消し、セックスに繋がるところはすべて切り捨てました。
    でも自信がありません・・・。この気持ちがいつまで続くのが・・・。
    今後どうやって対処したらいいのでしょう?
    自分が性依存症だと自覚したら怖くて怖くて仕方ないです・・・。
    勝手ですみませんが、アドバイス宜しくお願い致します。
---------------------------------------------------
お悩み拝読いたしました。

>セックスに繋がるところはすべて切り捨てました。

ストレスがきついと思います。

どのような幼少期~青年期を過ごされたか分かりませんので、

一概には言えませんが、

「心から満たされたい」

という思いは強いと思います。


女性を振り向かせる技術があるのですから、

そのパワーと技術を、仕事に向けたら、

物凄く稼げそうですね。

女性相手の営業マンとか、すぐにNO.1になれると思います。

ご自分の病的なところを把握されているので、

カウンセリングも上手くいくと思います。

幼少期~のトラウマもあると思われますので、

催眠療法で、満たされないご自分を癒すことで、

病的な部分は改善されると思います。

奥様とお子様を愛しているのも分かります。

ストレスやトラウマでかけてしまった心を、発見し、満足させる事で

性欲に向けていたエネルギーを、

仕事や家庭円満に向ける事が出来ます。

ご相談はお気軽にどうぞ。

心理カウンセリングや催眠療法について

不安などがおありでしたらお気軽にお問い合わせください
心理カウンセリング.COMの教えて掲示板に書きこまれた質問に
対する私の回答です。

習慣の続けかたについて
---------------------------------------------------
   現在うつ病で精神科に通っています。
    毎日、特に晩飯を食べ終わったあたりの夜からうつ状態になってしまっています。
    また、ネット上の書き込みなどに対して不快な気分を感じることが多く、それに対して一言文句いってやらないと気が済まないので更にストレスを多く感じてしまいます。

    それらの気分を改善するために、キレにくく思考をプラスに、書き込みを頭で反芻せず、さらっと流せるようにしたいので自分にプラスの言葉をかけるなどの習慣を続けたいのですがまったくもって続きません。

    運動関連も、思考関連も勉強関連も何一つ続きません。

    続いたとしても3日程度でやめてしまい、そのたび自己嫌悪に陥り、日に日に気分の低下やキレやすいのが悪化しているように思います。

    衝動的に何かを起こすまであまり時間がない気がするので何とか精神を安定させる習慣の類を続けたいのですがどうしたらよいでしょうか・・?又、何か続けたら良い習慣があったらどんなことでもいいので回答をお願いしたいです。
---------------------------------------------------
お悩み拝読いたしました。

心身のバランスが取れていないのだと思います。

>精神を安定させる習慣の類を続けたいのですがどうしたらよいでしょうか

近所や公園での散歩を毎日5分以上続ける習慣をつければよいと思います。

毎日行う事で、頭に集中し過ぎていた意識を、体や自分の外側に向け、「さわやかな気分」を味わい、持続する事で自分に自信がついてくると思います。

セルフケアを学ぶのも良いと思います。
心理カウンセリング.COMの教えて掲示板に書きこまれた質問に
対する私の回答です。

自分を愛するのは不可能です。
---------------------------------------------------
    自信がなくて、常に自分の悪いところばかりが見えて、生きているのが辛いです。
    自分は自分のことが大嫌いなのに、みんなから好かれたいし認められたいです。
    友達はいないので、誰に認められたいのかはわかりません。ただ、自分に価値があると感じたいのです。

    恋人はいるのですが、自分の価値は低いままです。
    優しくて私をよく褒めてくれるのですが、私はやっぱり駄目な自分が嫌いです。
    本当に真っ直ぐで心の綺麗なひとで、かえって自分の醜さが浮き彫りになります。
    でも、この人しか私にはいません。この人がいなくなったら、私はひとりぼっちです。

    芸能人を目指していた時期がありました。
    実際に事務所に仮所属して、仕事がもらえるかもしれないところまで行ったのですが、一度オーディションに落ちたときに一気に気持ちがさめて気づいてしまいました。
    私はこんなことがやりたかったんじゃない。人から愛されて尊敬されて羨ましがられるためにここに立とうとしていたのだと思いました。
    なんて馬鹿なことにお金と貴重な青春を費やしたんだろう。
    私のやりたいことも私を認めてくれる場所もみつからなかった。へらへら笑ってくるくる回りながら歌なんて歌いたかったわけじゃないし、芝居に興味があったわけでもなかったのに。全部無駄だった。

    昔から『頭のいい子』で通っていたけど、それも大嫌いでした。
    運動ができないことで小学校は地獄でした。
    なんでテストで30点の子が晒し者にされることはないのに、徒競走でビリの子は晒し者にされるの?
    なんで勉強させられてテストで満点取った私が、運動以外なにもできない馬鹿な子に見下されなきゃならないの?
    そんなふうに思った記憶もあります。
    大学は中退してしまいました。

    勉強にうるさくヒステリーを起こす父は嫌いでした。今でも憎いです。

    思春期に太って以来、私の価値は余計に下がるようになりました。

    綺麗に化粧をしてもダイエットをしても私は駄目なままでした。

    性格が捻じ曲がり、常に他人と自分を憎んでいて、常になにかに怒っていて、醜くて貧乏で負け組の自分が大嫌いで生きるのが辛いです。

    失敗するリスクを考えて、積極的に自殺する気にはなれません。
    自傷行為も6年以上前にやめました。

    でも、こんな自分で生きるのにもう疲れてしまいました。

    どうすれば楽になれますか。
---------------------------------------------------
他の先生方が答えていらっしゃるので気になった部分だけ、
お答えしたいと思います。

>自分を愛するのは不可能です。

とのことですが、

>みんなから好かれたいし認められたいです。

自己愛は強いと思いますよ。

自分を一番愛しているので、

>友達はいない

という事が起こります。

人を拒絶するほど自分が大切だからです。

>人から愛されて尊敬されて羨ましがられるためにここに立とうとしていたのだと思いました。

羨ましがられたいという言葉が最後に来ていることからも、
自意識が過剰なのが分かります。

>どうすれば楽になれますか。

自意識が過剰であると自覚する事です。

自分を愛していると自覚する事です。

あなたを愛してくれる恋人の心づかいや、言葉をきちんと受け止める事です。

>性格が捻じ曲がり、常に他人と自分を憎んでいて、常になにかに怒っていて

素直な性格になり、自分と他人を許す事で、

あなたは、理想のあなたになり、人から愛されるようになると思います。

お一人では、心の傾向が分かっていても対処法が分からないと思います。

トラウマが原因の場合もございます。

心理カウンセリングや催眠療法

ご興味がおありでしたらお気軽にお問い合わせください
6.「白黒つける生き方は、鬱の元~シャドーと楽になる生き方とは~

カウンセリングやヒーリングのクライアントさんの中で割と多いのが、

◎白黒つけなければ納得がいかない。

という方です。

私もそうでしたから、鬱を患ったのですが・・・・。

この生き方は、非常に窮屈で穏やかではありません。


白黒つけなければ納得がいかないというのは、

グレー(中間)の部分が「自分の中には無いから」と考えていらっしゃる方です。

実は「無い」のではなく「グレーな自分が嫌い」という事なのです。

その対象が、黒か白かグレーかを判断する基準は自分です。


人は「自分の中にある嫌いな部分」が嫌いです。

それをユング心理学では「シャドー」と呼びます。

あの上司気に入らないとか、

あの人の行動・言動が気に入らない等の理由を

簡単な例を上げて、説明しますと、

テキパキしている人が、のんびりな人を見ていてイライラする。とか

ハッキリしている人が、もじもじしている人を見てイライラする。



テキパキしている人や、ハッキリものを言う人の心の中にも「のんびり」や「もじもじ」している自分がいるのですが、そんな自分は嫌いなわけです。

育てて頂いたご両親、育った環境の影響もかなりあります。

「テキパキ」・「ハッキリ」しなさい!と育てられると、そうなる方が多いです。

気質の問題もあり、せっかちな人もこの傾向は強いと思います。

ですから、自分が嫌いな「のんびり」、「もじもじ」している方を見ると腹が立ってしょうがないのです。

なので、あの人はあの人という人間、自分は自分という人間であると、

区分けができ、判断基準を自分中心に置かなければイライラすることも無くなります。

白黒つけなければ納得がいかないという方は、判断基準を自分中心に置き、

それを「一般的なことだ」と勝手に判断しているという事です。

仏教哲学の中に「中道」という考え方があります。

「偏らず、真ん中を歩め」という事です。

自分を基準に物事を判断する事は「自分」というフィルターを通しての判断基準ですから、

「偏って」いるわけです。

「真ん中」を歩むとは、自分の判断基準というフィルターを通さない事、

あらゆる視点や考え方があるという事を認めて歩めということです。

聖書の中にも「人を裁いてはならない」という言葉が出てきますが、同じようなことだと考えても良いと思います。

この世で起こる物事のほとんどは、「中間的(グレー)で将来どうなるか分からない」事柄です。

その場で、白黒つけなければいけないという事はほぼ必要ないのです。

白黒の問題は大抵、心の中の問題ですから、時が過ぎれば丸く収まるからです。

物事を2つの基準で物事を判断するのではなく、

人の数だけ、いろいろな視点や考え方があるという事を認め、おおらかさを持つことで、

人生を楽に生きることができます。


とはいえ、「シャドー」の存在は無意識にあるものですから、

表層意識=今意識している状態で、自分にはこんな「シャドー」があるんだ。

と認識する事は通常できません。

無意識=意識できない領域だからです。

「シャドー」の活動が活発になるという事は、自分の中のシャドーを認めず過度に抑制している状態です。

ヒステリーのような、訳の分からない怒りで自分が抑えられない状態が、

シャドーが暴れている状態です。

頭の中が混乱していると仰る方は、シャドーが暴れている状態であるとも言えます。

その状態でお悩みの場合は、

心理カウンセリングで自分の中にあるシャドーの存在を認め、

催眠療法(ヒプノセラピー)で、シャドーを認識し自分との統一をする事で、

改善されます。


お問い合わせはお気軽にどうぞ。

 | ホーム |  前のページ»»