FC2ブログ

プロフィール

Asahi=Ryou

Author:Asahi=Ryou
ヒーラーAsahi
こと
総合セラピスト
栗原 涼


体験から得た智慧が、みなさまのお役に立てば幸いです。


広告


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


最新コメント


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

執着が生きる事に、苦しみや不安をもたらします。


~~~~~楽になる生き方2~~~~~


金銭や物に対する必要以上の執着と、


人に対する異常な執着は


同じものです。


同じ「執着」という欲です。




しかし、生活をするお金は必要で、


好きな人に期待したり、愛したりといった場合は?




ブッダの言葉の中に「中道」という言葉があります。


「かたよらずに、真ん中を」


ということです。


「執着」とは「かたよっている」状態です。


お金や物は必要、だけど、そればっかりになりなさんなよ。


人に期待しすぎなさんなよ。


人を支配し縛るような愛は、愛ではなく「我欲」ですよ。


相手の望んでいないことを押し付けるような行動は「執着」ですよ。


ということです。



執着は苦しみや不安しか生みません。


幸せは、自分の内側(心)にあります。


外側に求めたらきりがありませんよね。


自分が幸せでなければ、他の人を幸せにはできませんよね。


心が満たされ豊かに明るくなることこそ「幸福」であり、


本来誰もが望んでいることです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「心がかたよっているって?」

という方は

こちらのオモロイ坊主こと藤川和尚の動画を参考にしてみて下さい。

http://healing-sweet.net/

心がかよっているかな?と感じたら

ご自分を癒すカウンセリングはこちらからどうぞ。

催眠療法や瞑想指導も行います。

http://healing-sweet.net/ryou/index.html

スポンサーサイト
~~~~~楽になる生き方~~~~~~

どんなことでも、

起こったことは、終わったこと。

いつまでも囚われずに、

何か気づいたことがあればOK。


終わったら、


意識を切り替えて、

「今」何をしたいのか?

「今」何が楽しいのか?

それを行動に移すことで、

どんな希望が湧いてくるのか。
どんな道が開けるのか。

常に「希望」に向かって、振り向かない。

時は「今」しかなく、過ぎ去ったことは戻らない。

まだ来てもいない未来を、

不安に思っても仕方がない。

なによりも大切なのは「今」です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

意識の切り替えって?

という方は

こちらのオモロイ坊主こと藤川和尚の動画を参考にしてみて下さい。

http://healing-sweet.net/

少し心が弱ってるかな?と感じたら

カウンセリングはこちらからどうぞ

http://healing-sweet.net/ryou/index.html

アルコール依存症の身内の方がいてお困りの方へ その1


ケース1


本人がアルコール依存だと気が付いていない場合


例として


「仕事はできているし、身体は丈夫だし、体調不良を感じてもいない」


という方がいるとします。


毎日500ccのビールを10本も飲んでいて、


職場ではお酒臭い事が自覚できていません。


仕事場からきっちり5時で帰り、


帰宅前もしくは帰宅直後から飲み始め10本空けて眠りにつくまで、


飲み続けます。


翌日もお酒臭いまま。


仕事を5時で終わらせるのは、


アルコールが切れるのが我慢できないからです。


3年も続けていれば、いくらアルコールに強いと言っても、


血液検査でγ-GTPが100を超え、ひどければ300~700と


肝機能にダメージを負っている状態です。


そのまま行けば確実に肝硬変から肝がんへとステージは移行していきます。


このような方の場合は、ご自分を誤解し、過信しています。


仕事や日常生活も出来ているつもりですから、文句も言えませんし、聞きません。


*どう対応するか?


「アルコール依存じゃないならお酒を1週間やめてください」


とお願いしてみます。


依存症の場合、アルコールが切れたら、


手の震え、頭痛、不安感等の身体や精神的以上が現れます。


上記のような方の場合、1日も我慢できないでしょう。


ご本人に


「1日も我慢できないほどお酒に依存している」


事を自覚してもらいます。


毎日、お酒に使う金額を計算して上げるのもいいでしょう。


1ヶ月でどれくらいお酒にお金を使っているか、びっくりされる方もいると思います。



どれくらい肝臓がやられているか血液検査に付き合ってあげます。


日々の暮らしから見て酷い場合は、アルコール依存の方が入院できる病院がいいでしょう。


普通の病院でも、近所にお酒の置いてあるコンビニがある病院は避けた方がいいです。


アルコール依存症治療で有名な病院も沢山ありますが、


2週間でお酒は抜け、頭も正常に近づきます。


まともに「お話し」ができる状態になったら、


ようやく認知行動心理カウンセラーの出番です。


私は、なぜお酒が必要なのかをお話を聞き分析します。


そして、お酒がご自身に与えている影響を自覚し、


迷惑をかけている場合はその事も自覚していただきます。


そうして話している間に、ご自身の自己否定の気持ちや、


身内の方々への申し訳ない気持ちを、


感謝と希望の気持ちに切り替えます。


「お酒を止めれば、こんなに楽しい生活が送れる」



こうして、脳のプログラミングを正常に戻します。


「我慢」してお酒を止めることはできません。


「我慢」ではストレスが溜まり1週間もたたずに元に戻ります。


心理や脳科学的に「お酒は飲まない」とご本人が自覚できれば、


依存症からの回復は可能です。


それが、私の認知行動心理療法です。


身内の方のご相談もお受けしています。


アルコール依存や鬱でお悩みの方~認知行動療法 心理カウンセラー 栗原 涼
のホームページはこちらからどうぞ

女性のアルコール依存症の患者数が増えていませんか?


平成20年の厚生省の調査によると、2024歳の飲酒率は男性83.5


女性が90.4%。


女性の方が多くなっており、「多量飲酒者」も増加傾向にあります。


女性は肝臓の容積が小さい事やホルモンの影響から、


アルコールの分解能力が低いため、男性に比べて女性はより短い飲酒歴で


アルコール依存症を発症するとされているので、


このままではアルコール依存症は男性より女性が多い時代が来ることが予測されます。


東京アルコール医療総合センター 統計資料<2011/4/12012/3/31
~垣渕センター長のコメント~
http://narimasukosei-hospital.jp/alcohol/H23%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E7%B5%B1%E8%A8%88.pdf

より


自分がお酒に依存していると気が付きにくいことがあります。


少ししか飲んでいなくとも、「毎日」飲んでいればそれは、依存しているという事です。


が、


翌日の行動や仕事に何も差支えたりしていなければ問題はありません。


肝機能は人それぞれですから、毎日何をどれくらい飲むと依存症であるとは断定できないのです。


私は、「やりたいこと」や「仕事(家事)」が滞りなく毎日出来ていれば依存症ではないと考えます。


自分でセーブできるのであれば依存症ではありません。


が、血液検査でγGTP70100を超えている場合は、


休肝日を作りましょう。


飲酒量が増えていくのを、気が付かないで飲み続けている方は、


ストレスが溜まっているのをお酒でごまかしている


という典型的なアルコール依存症を患う方の特徴です。


この段階であれば、認知行動心理カウンセリングを1回でも受ければ、

自らの行動が把握できますので、アルコール依存症を患う事はありません。



いわゆる酒びたりの状態になり、酔っぱらっていられなければ生活できないとなれば確実に依存症です。


この状態ではカウンセリングは不可能に近いです。


アルコール依存症のしくみ


の通り、アルコール性鬱を発症している事や体力的に落ちていますので、


前向きな思考ができないからです。


2
週間ほど入院し、お酒を抜いて昼間に散歩が20分程度できる位に回復してから、


認知行動心理カウンセリングをお受けになるのをお勧めいたします。



そのまま入院し続けても90%の方は他の医療センターで治療続行か、

アルコール依存症に戻ってしまいます。


90%の方は、「心理学に基づいた心理的治療方法」が無い為、

アルコール依存症のまま入退院を繰り返します。



私の魂学式認知行動心理カウンセリングは、私の実体験を元に行っています。


魂学とは心理カウンセリングや催眠療法、瞑想、脳科学が元になっています。


アルコール依存の状態も、鬱の状態も、

私は体験し、様々な病院を転々とし、そこから得た教訓や


各種心理学やカウンセリングを学び、アルコール依存や鬱等からの回復の為に

独自に編み出した魂学式認知行動心理カウンセリングを行っています。


知人や家族の方、このブログを読まれているご本人で、

アルコール依存症から回復できなくて困っている方は、


こちらへどうぞ。



必ず、希望はあります。

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。