FC2ブログ

プロフィール

Asahi=Ryou

Author:Asahi=Ryou
ヒーラーAsahi
こと
総合セラピスト
栗原 涼


体験から得た智慧が、みなさまのお役に立てば幸いです。


広告


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


最新コメント


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
断酒が出来ない。スリップしてしまう。
何かのきっかけで、すぐにまた飲んでしまう。
断酒会(AA)に行っても効果がない。

我慢せずに断酒する、総合セラピーの断酒メソッドとは?
 
断酒は難しいと思われています。
実際に私が2度入院した事のある、
国立久里浜医療センターはリピーターの方ばかりです。
 
退院したら、酒を抜き体調が良くなっているので、

帰ったらすぐ飲み始めます。
半年~1年でまた久里浜へ入院する事になります。
 
アルコール依存に対してグループワークは意味がありません。
気を一時的に紛らわすだけです。
 
また、グループ内の人間関係に嫌気がさし心に傷を負う方もいらっしゃいます。
それが原因でより心の傷が深まり自己肯定感が下がり余計に酒に頼るようになります。
 
なぜ、断酒が出来ないのか?
 
それは根本原因である
「なぜお酒に頼ってしまうのか」
「飲まずにいられないのはなぜか」
という心のケアが全く行われていないからです。
 
私は入院中に本当のカウンセリングを受けた覚えはありませんし、
心のケアなどして頂いた事もありません。
抗酒剤を飲まされ、抗鬱剤、安定剤を飲まされボーっとしたまま、過ごしていただけです。
 
断酒会に参加してもまた飲んでしまうのも原因は同じです。
ためしに断酒後、一度、断酒会(AA)に参加した事がありますが、
意味はないと思いました。
 
断酒会依存になる程度ならまだましですが、
スリップを繰り返すか、

 
焦って頑張って社会に出て理想(妄想)の自分と
現実の自分のギャップを感じ、悩み、絶望し、
また飲んで(スリップして)しまいます。
 
我慢して断酒をしている限り苦しみは続きます

 

断酒は一人では不可能です。
助けてくれる家族や気にかけてくれる友人がいること、
経済的な不安がない事。
その為には生活保護を受ける事も大事な事です。
ゆっくりと社会になじんでいける余裕のある環境があることで、
で初めて可能になります。
 
「今」は絶望のどん底にいるかもしれません。
 
しかし、回りを良く見て下さい。
 
あなたを心配し続けて頂いている方が必ずいます。
 
「生きる理由」や「希望」は、ご迷惑や心配をかけ続けた方に
恩返しをする事だと思いませんか。
 
1番初めにする恩返しとは、
「あなたが断酒し元気になることです。」
 
元気になった、あなたの笑顔を見るだけで、心配をかけ続けた方々は、心の底から「本当に良かった」と元気になります。
 
総合セラピストは、「お酒を飲んでしまう」原因である
 
「心の傷」を癒し、
 
「希望や夢の種」を共に見つけ、心に植え、共に育て、
 
希望を持ち生きる為に、考え方や行動を変えるサポートをします。
 
なので、「我慢をしてお酒を止める」という感覚はありません。
 
「私の人生に、これ以上お酒は必要ないな」
 
という感覚になります。
 
お酒を見てもなんとも思いません。
 
飲み会に行っても、炭酸系のジュースか、
 
ノンアルコールビールで、以前の10倍楽しめます。
 
あなたは必ず、断酒する事が出来ます。
 

スポンサーサイト
アルコール依存はなぜ回復が難しいのか~我慢しない断酒方法~埼玉~Pt.3

前回は回復篇を書きました。
アルコール依存はなぜ回復が難しいのか~我慢しない断酒方法~埼玉~Pt.2

今回はなぜアルコール依存から回復し断酒を続けることが難しいのか。

について書きます。

私はアルコール依存と鬱で、いろいろなクリニックや精神病院や、

アルコール専門の病院に入院した事があるという事をpt.1で書きました。


そこで行われている「治療」はほぼ投薬のみであるとか、抗酒剤を飲ませて

「我慢」させるというものでした。

病院の先生はカウンセリングのテクニックを持っていません。

なぜなら、「身体症状を改善する」のがお医者さんの役目だからです。

「心の問題」も、抗鬱剤、安定剤、睡眠薬を処方すれば一時的には改善しますので、

そこで
お医者さんのお仕事はお終いです。

なので、精神病院に入院しても、私の顔も見ないでPCに向かって診察

している先生もいらっしゃいました。

アルコール病棟でも、カウンセリングらしきことは受けた記憶がありません。

アルコールを飲んでしまう心の根本原因を解決せずに、「我慢」だけさせても意味がありません。

なので、退院後、強い決意を持って、断酒会やAAに参加されても、

ショッキングな出来事や、我慢の限界に達するとまた

飲んでしまうのは当たり前のことなのです。

アルコール依存とは脳の病気です。

過度な飲酒を続けていると、アルコール性鬱を発症します。

鬱というのは「過去に執着している」状態ですから、飲酒を続けている限り、

「執着」から離れられず、体や心がボロボロになっても構わず飲酒を続けてしまいます。

飲酒原因を自覚し癒さないと、

2~3週間入院してアルコールを抜き、アルコール性鬱も減退し体が元気になると、

また飲み始めてしまいます。

なので病院はリピーターばかりです。

ストレスを感じると脳がアルコールを欲するようになっているからです。

一度、アルコール依存になってしまうと脳のプログラムが書き換えられてしまうので、断酒するしか回復方法はありません。

なぜ、飲酒欲求が起こるストレスを感じるのか?

その原因を見つけ心の傷を癒し、

断酒し考え方や行動を変える事で、

「アルコールはもういらないや」という事を徐々に、脳(心)に納得させていくことでしか、

アルコール依存から回復する方法はありません。

その過程で、ショッキングな事や強いストレスを感じるような出来事が起こっても、

ストレスを感じているのは「自分の中」にあり、「外部からの事柄」に左右される事はない、

という「考え方」を身につける事によって、

「我慢」しないで断酒する事が可能になります。

「我慢」していないので、飲み会でもウーロン茶やコーラ、ノンアルコールビールで、

過ごせます。スーパーやコンビニのお酒のコーナーに行ってもなんとも思いません。

「我慢しない断酒」を半年も続けると、少量のアルコールを間違って(ケーキ等で)摂取すると、

気分が悪くなり、脳や体が拒否反応を自動的に起こすようになります。

しかし、日常生活には何の支障もないので「断酒」を続けるのが「当たり前」になり、

「断酒」しているという事実も忘れてしまうほど楽に過ごせます。

アルコール依存から回復すると、世界が色彩を取り戻したように活き活きと感じられます。

アルコールで蝕まれていた体と心から解き放たれ、

自由に希望を持って、楽に生きていくことが出来ます。


私は、「新しい我慢しない断酒法」をより確実なメソッドにする為に

研究を続けています。


日本の精神医療を変える為に。


「新しい我慢しない断酒法」を試してみたい、人生を生き直したいと思われた方は、

こちらからどうぞ

埼玉県 草加市 カウンセリング
対面や電話・スカイプ・LINEで各種悩み事、トラウマ改善
カウンセリング&ヒーリングと催眠療法。
総合セラピー・ルーム「 ヒーリング・スウィート」
厚生労働省認定相談機関認 定心理カウンセラー
総合セラピスト 栗原 涼
http://healing-sweet.net/ryou/index.html

アルコール依存はなぜ回復が難しいのか~我慢しない断酒方法~埼玉~Pt.2

前回の

アルコール依存はなぜ回復が難しいのか~我慢しない断酒方法~埼玉~Pt.1

の続きです。

前回では、私のアルコール依存に至る過程を書きました。

今回は回復篇です。

4回目の吐血入院して2週間が経過した頃、

ふと、「私は何のために生きているんだろう?」

と考え始めました。

今、思えば
ちょうど、アルコールが抜け、
アルコール性鬱から回復していた時期だと思います。

物事を建設的に考えられるようになる時期です。

このまま飲み続け死んでしまったら、支え続けてくれた母と妹に、

何の恩返しも出来ずに迷惑だけかけて死ぬことになってしまう。

死ぬ時には、穏やかな気持ちで笑って死にたい。

なにより、私にはやりたいことがありました。

音楽をやりたい、旅行がしたい等々

なにより、元気になって無駄にしてしまった人生を、

生き直したい。

穏やかな気持ちで、人生に満足して笑って死ぬ事が出来ないのは、

かなり気持ちの悪い事だろうと思いました。

満足する人生を送るには行動する体力と知力が必要です。

結果
「お酒なんて4回死ぬほど飲んだ。もういらないや」

と酒を2度と飲まない事を決定しました。

自分で出した答えが腑に落ちると、

私は「2週間で退院しては、危険だ」と思い、

担当医に、「お酒が体から完全に抜けるまで入院をのばしていただきたい」

と断酒の旨を伝え入院を約4週間に延ばしていただきます。

そして、退院まで体力をつける為、病院の周囲を毎日散歩するようになります。

後で分かる事ですが、認知行動療法を自ら行っていたのです。

次回の「断酒の難しさとその原因」につづきます。

アルコール依存等でお悩みの方、ご相談はお気軽に。

対面や電話・スカイプ・LINEで各種悩み事、トラウマ改善
カウンセリング&ヒーリングと催眠療法。
埼玉県草加市 総合セラピー・ルーム「 ヒーリング・スウィート」
厚生労働省認定相談機関
認定心理カウンセラー
総合セラピスト 栗原 涼
http://healing-sweet.net/ryou/index.html


アルコール依存はなぜ回復が難しいのか~我慢しない断酒方法~埼玉~Pt.1

私にはアルコール依存と鬱で約15年間ほど悩んでいた過去があります。

神経質で過去に執着する性格だったので、

眠りが浅く、寝つきも悪かったため眠る為に飲みはじめました。

それが、弁護士事務所で秘書をしていた時に不良債務処理~一般訴訟まで、

仕事を任されるようになり、物凄いストレスと、失恋も重なり、

鬱状態になりました。

酒の量も増えて行き酷い時はバーボンを1瓶一晩で飲んでいました。

そんな状態で働きつづけられるわけはなく、

自分から仕事を止めました。

酷い毎日でした。

何件もの精神病院に入院してもアルコールも鬱も治りません。

アルコール治療で有名な久里浜にある病院にも入院しましたが、

全く意味がありませんでした。

退院しては飲んでいたため、吐血入院を4度し、肝硬変になり、

お医者さんに「これ以上飲んだら死ぬぞ」と言われても飲んでいました。

なぜそこまで飲み続けてしまったのか?

なぜ断酒し回復できたのか?

次回書きたいと思います。


ご相談はお気軽に。

埼玉県 草加市 カウンセリング
対面や電話・スカイプ・LINEで各種悩み事、トラウマ改善
カウンセリング&ヒーリングと催眠療法。
総合セラピー・ルーム「 ヒーリング・スウィート」
厚生労働省認定相談機関認 定心理カウンセラー
総合セラピスト 栗原 涼
http://healing-sweet.net/ryou/index.html

「アルコール依存からの回復~我慢しない断酒方法~」講演{無料}2015/1/11 草加市勤労福祉会館

アルコール依存症から回復した、
心理カウンセラー 栗原 涼 が講演致します。


草加市広報に掲載されたのでご存知の方もいらっしゃると思います。

この講演をきっかけに、あらたな人生を開始するサポートが出来ればと思い、
講演を開催する事を決めました。

約10年以上の期間アルコール依存症で苦しみ、そこから回復に至る経緯の体験談と、

その過程で発見した、「我慢しない新たな断酒方法」の解説、

質疑応答、個人相談の時間も設けております。

アルコール依存症でお悩みの方、ご家族の方。

飲酒の習慣でお悩みの方。

3日以上飲酒を我慢できないという方、
アルコール依存症予備軍です。

ぜひ、お気軽にご参加ください。

1月11日(日)15:00~17:00
草加市勤労福祉会館 第3会議室 定員20人

googleマップ
http://tinyurl.com/nmmpz2m


ご参加のお申し込みは、
http://healing-sweet.net/ryou/mail.html

から「講演参加希望」とご記入の上ご連絡ください。

ご安心して参加いただけるよう、プライバシー保護厳守で行います。

ご参加お待ちしております。

 | ホーム |  前のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。